当日中編(3月28日)

開場がまだのようなので、グッズを買い終えた私は近くのベンチに座る事にした。
ベンチに腰掛けて小説を読む。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・











開場まだ?


もう6時ですよ。
既に1時間半遅れ。
雨も降ってきて・・・しかし開場する様子もないのでその場に座り続ける私。
あ、ちなみに準備万端な私は折り畳み傘も持参してた。

私、200点の出来!

すると、隣にサラリーマンが座ってきた。
リーマンが私に聞く

「遅れてるんですか?」

「みたいですね。」


・・・・・・・・・・・・・・・・・


沈黙


・・・・・・・・・・・・・・・・


リーマン、コンビニおにぎり食いだした。
私も腹減った。
そういや、朝から何も食ってないや。
クリームパン食べようかな・・・
でもリーマンに真似したって思われたら嫌だから我慢しよう。

私のチケットには22ゲート入り口と書いている。
その22ゲートを背に、たまにリーマンと同じタイミングで22ゲートを振り返り客入りをチェック。
心の中で

リーマン、お前も22ゲートか?

と問うてみたが口には出さず。

6時半頃になり、どうやら開場っぽい雰囲気になってきたので
リーマンを背に私は22ゲートの列へ

リーマン、楽しめよ

心の中で声援。


雨は降るし、みんなの気は焦ってるしで、入り口は大混雑です。
みんな傘のホネが体や顔に当たってもなんか平気なようです。
XJAPANに会いたい気持ちで、痛さもへっちゃらになってるんでしょうか。

私が自分の席に着いたのは7時ごろ。
開演時間からは30分過ぎてます。
ドームの中はまだ人が埋まってない状態。
私の両隣もその向こうも人が着てないようです。

ヒールを脱ぎ、持ってきた靴下を履き地べたに足をつけた。
なんでこんなことしたかって?

Xジャンプする為でしょ!

ヒールで雛壇の一階席でジャンプして転んだらどうすんのよ。
ヒールでジャンプしたら足だってくじくかもしれないでしょ。
どうせみんな人の足元なんて気にしないわよ。
準備万端A型の私の緻密な計画よ。オホン(咳払い)

そしてやっと落ち着いた私は隣にコスプレギャルが来る前に・・・と
さっき食べ損ねた、岡山名物「キムラヤのパン」のクリームパンを食べちゃおう。
パチンコ春のワルツの宣伝が延々と流れるステージ脇のモニターを見ながら
クリームパンをムシャムシャ・・・
すると隣の隣に一人ポツネンと座る、同年代とおぼしき女性・・・
東京に来て店員さん&リーマン以外の人間との初めての会話を試みた
勇気リンリンの私。

「・・・・・・・・・あのー一人ですか?」


か・か・か?
オノレ、

ナンパかーーー!?

隣の隣の同年代とおぼしき女性は

「はい。」

と、女神のような笑顔で答えてくれた。
嬉しい(涙)

話をすると、同年代も同年代、同じ年だと判明。
お互い一人でコスプレでもなく普通の格好で親近感わきまくりです。

一つ席挟んで地元の話をしたり、XJAPANを好きになった経緯を話しあったり
それはそれで楽しい時間を過ごした。
でも心の中では

『まだかいな・・・』

時既に8時・・・

コンサートが3時間あるとして、終了時間11時過ぎ???
終電間に合うのかしら?
すると、隣の隣の女性

「東京ドームって10時以降音を出したらいけないって聞いたんだけど・・・」


まじぇで!?


早く始めてくれなきゃ、終電どころの話ではない。
コンサートの時間が削られる!!!

時間は刻々と過ぎる・・・・

大丈夫?コンサートやるの?カレーが辛くて帰った?
喧嘩した?大丈夫かオエ!

8時半・・・8時40分・・・・

開場から自然と手拍子が鳴る。


会場中のヤキモキした気持ちが伝わる。


早く出て来い!XJAPAN!


パッ・・・・



客電が消えた。

ウソ?クル?

[PR]

by hachihoo-1 | 2008-04-16 21:50 | 日常