地元観光

今日はお友達のみやしおのお宅に遊びに行く予定だったが、みやしおが年末から出してる熱がひかないらしく、遊びに行くのを延期しました。
おとーちゃんは明日から仕事なので、今日は家でゆっくりテレビゲームをして
正月休み最後の日をエンジョイする気だったのだが、
うるさい嫁(私)と息子(わっちん)が家にいることになって迷惑そうでした♪

朝からうるさい嫁(私)は、一人で出かけ美容室に行ってきました。
一度ショートの手軽さを知ると、なかなか止められませんね~。
今回も室井佑月バリのベリーショートにしてもらいました♪
影で
へギョンだとか、
森山中の大島
だとか聞こえそうですが・・・都合よく無視させていただきます。


その後帰宅してから、お昼から何をしようか考えた私。


「岡山城行こう!」


「意味わからん。何で?」

おとーちゃんに聞かれたが、「何で?」と言われても「何で」か分からない。
あえて言うなら、

姫の気まぐれ???


なんてったって、ワタクシみるっちは、この家で唯一の女性=姫ですから♪

んふふ・・・なんて言うのは冗談で、
岡山に住んでながら岡山城や後楽園って、私たち家族行った事なかったのですぅ。
私は小さい頃行った記憶が微かにあるのだが、
わっちんは生まれて9年、一度も郷土の観光名所に足を踏み入れたことがないのです。

だから、なんとな~~~く行きたいな~~~って前から思ってたんです。

それに最近わっちんってば、9才のくせに時代劇とか見るの好きだったり、
時代劇見た後は影響されまくりで、侍の真似しちゃったり・・・。
だから

「お城見に行く?」って聞いたら

「え???岡山にお城あるの?行くーーーーー!♪」

って二つ返事よ。

そして私ら家族は
腰の重いおとーちゃんのケツを叩き、昼からは岡山城に出かけたのです。


e0097958_22301086.jpge0097958_22302372.jpg


まずお出迎えしてくれたのは、岡山城周りの池に住んでる
白鳥のおすぎとピーコです。
うそです。名前は知りません。
私らの姿を見たとたん、二羽でこちらにスイスイ泳いできました。
餌をもらえるとでも思ったのでしょうか。
ズウズウしい奴らです。
ぶぶっ。。。こんなに冷酷な事は思いませんでしたが、
実際何も食べ物を持ってなかったので「スマンね~」と一言いってその場を去った。


e0097958_22363534.jpg
お城の手前の石垣の上にそびえる何か。

なんか知らんが歴史を感じ

おぉぉーー!

と、わっちんと雄叫びをあげた。

e0097958_22382110.jpg


あちらに見えるが岡山城!

わっちんと二人
「早く中に入ろうぜぃ~~~!」
とテンション高ぶる。
おとーちゃんは、相変わらずテンション低い。

お殿様の部屋はどんなだ~~~?
天井は低いのか?高いのか?
大奥みたいに豪華な部屋はあるのか?
何百畳も畳を敷き詰めたデカイ部屋はあるのか?

ワクワク♪ワクワク♪






私、何か勘違いをしてたもようです。
岡山城は第二次世界大戦で天守閣は消失したらしく、今建ってる城はコンクリート造りのレプリカらしい。
外観や周囲の塀などは古い絵図面に従い旧来通り復元されたらしい・・・が、中は鎧の展示物とか、歴史を教えてくれるテレビがあったり、普通の博物館って感じだった。

何百年前のお城の姿っていうのを期待して行ったもんだから、なんかガッカリのみるっち&わっちん。
昔お城の中に入った記憶があるのだが、あれは何処だったのだろう・・・?
岡山城でなければ姫路城かな???
いつかわっちんと姫路城にも行ってみなければ。


e0097958_2256668.jpg

とはいっても、博物館っぽい城の中でも十分満喫はできた。

大名行列の籠かしら?
「靴を脱いでお入りください」と書いてあったので、ついでに記念撮影もパチリ。
でもその他の資料や展示物の撮影はダメなんだって。
鎧や兜も写真に撮りたかったが我慢したよ。



e0097958_22592547.jpg一番テッペンからの景色です。

岡山を見下ろしてやる~~~!

シャチホコが私を睨んでる・・・・。
無駄に撮ったシャチホコの写真14枚・・・何故だ!?

e0097958_2311551.jpg

岡山城を出て北方面に向かうと、あちらに後楽園とボート乗り場が見えます。

わっちんが
「ボートに乗りたい!」とワガママを言っちょります。

e0097958_2325499.jpg


「ダメ!!!」

と言われると、あからさまに嫌そうな顔をされました。

「大きくなったら彼女と乗りなさい」
と言うと
「エ~~~~!」
と照れてるのか、これまた嫌そうな顔をされました。


そうそう、これは本当の話かどうかは知りませんが、
ココのボートにカップルで乗ると別れるという噂を聞いた事があります。

私はカップルではなく、中学の時友人4人とココのボートに乗ったことがありますが、
その時にウシ柄の財布を、お尻のポケットからこの池に落とした・・・
という辛い過去があります。
ちなみにウチのおとーちゃんの干支は丑(うし)年。

わっちんが「ボートに乗りたい~~~!」
と駄々をこねた時に、ウシ柄の財布を落とした話と、カップルが別れる話をしました。そして、

「もしボートに乗ったら、今度は丑年のおとーちゃんをおかーちゃんが落としてしまうかもしれないんだよ。おとーちゃんが池に落ちてしまった困るから乗るのやめようで~~~」

「ケケケケ(笑)別にええよ♪」

おとーちゃんを失ってもボートに乗ることを選ぶ息子・・・。
どんな教育されてきたんだ!?


e0097958_23144849.jpg


来た時とは反対方向から撮った岡山城の写真。

正味1時間の観光でしたが、なんか楽しかったッス。

次回は姫路城に是非行ってみたいですわ。
[PR]

by hachihoo-1 | 2008-01-04 23:17 | 日常