甘えんぼさん

今日は年に1回のべエさんのワクチン接種に行ってきました。
去年はこんな感じでした

夕方5時過ぎに家を出て病院に着いたのが5時20分頃。
小さな動物病院の小さな待合室は動物と人で満員御礼状態(とはいっても4組ですが)
しかたがないのでベエさんの嫌いな国道沿いの病院の外で待つことにした。
去年みたいに「イヤイヤ」して暴れながら道路に身を乗り出すことはなかったけど、それでも国道を走る車が恐いらしくソワソワ落ち着かない。
肝っ玉の小さなベエさんが可哀相で愛おしくもなり
16㎏あるベエさんを抱っこして落ち着かせた。

ん~~~~~親バ飼い主。

診察室に呼ばれたのは6時過ぎ。
またまた抱っこして診察台にベエさんを持ち上げた。

去勢手術をして一年経ったので、先生がこの一年の様子を聞いてきた。
皆さんも知ってのとおり、
至って健康体なので、そう伝えた。
体重も去年のガリガリ状態から1kg増量ということで

「うん、ちょうどいいですね!」

とお墨付きも頂いた。
すると先生はベエさんをまじまじと見ながら

「この子はハウンド系が入ってるみたいですね」

と言った。続いて

「この腰の辺りがキューって絞れてるところがいいねぇ~~~」

なんか褒めてもらえたみたいっす。
よかったね、ベエさん。
調子に乗った私は

「この内股の所の斑点がね、ダルメシアンっぽいんですよ!
 ダルメシアン入ってますかね???フンガッ」

と興奮気味に聞いてみた。

「ん、その可能性もあるかもね~」

以前から勝手にダル疑惑を持ってた私に嬉しいご回答でした。

そしてメインイベントのワクチン注射をチクリ♪

ベエさんはとっても良い子で暴れず注射を受けてくれた。
以前もらったフィラリアの薬が半年分でもう切れるので、もう二ヶ月分ベエ&ふ~用に出してもらうように言い、ベエさんを診察台から下ろそうと抱っこした。
そしたらベエさんったら、駄々っこの子供のように私の肩に前足をガシッと回し離れようとしなくなっちゃった。

e0097958_22153047.jpg


会計時にもこの状態。
私が来た後からは他の患者さんは来なかったので、私とわっちんとベエさん以外に受付&待合室にいた人はいなかったので、ベエさんは抱っこし続けてあげることにしました。




e0097958_22212414.jpgいつもは知らない人や物には威嚇しまくりのベエさんですが、さすがに病院という異空間にはビビって吠えることも出来ないらしい。
こんな弱っちい顔してら~。

でもたまに垣間見えるこんなベエさんの姿に
バ飼い主は母性本能をくすぐられてしまうのです。


帰る頃には日も暮れて国道を外れた田んぼ道は真っ暗になってました。
静かな田んぼ道にベエさんもいつもの姿を取り戻し
元気にリードを引張って帰ってきました。
[PR]

by hachihoo-1 | 2007-10-27 22:28 |