水槽台製作その①

本日、出張工作に行ってきました!

行き先は 毎度おなじみ みやしお家
今回の依頼は 前回からお願いされてた水槽台です。

それでは作業工程のご紹介~。

まずは平日にホームセンターへ木材の買いつけです。出来るだけ安くすませたいので、今回は杉荒材(←間違い)米松荒材の90cmの角材(2メートル)一本と、ウッドデッキでも使ったSPF材の2×4を3本、1×4を1本、コンパネ板(180cm×92cm)1枚を購入。これだけで3000円未満です。

e0097958_19545471.jpg
2mの角材を48cm×4本にカットします。

おっと、その前に荒材特有の表面のガタガタをなんとかせねば・・・。
ということで、カンナの出番です。
昨日の記事にも書いてたとおり、私の今欲しいものリストには「電動丸ノコ」と「サンダー」があります。サンダーがあれば、この表面も簡単に削れるのに・・・と思いながら、

「いえいえ、私は昔ながらの大工さん」

と言い聞かせ楽しくカンナで表面を削っていきます。ドンドン増える鰹節のような削りカス。増えるたびに楽しさが増します♪

そしてお次に今度こそカット。
こちらも先に書いた電動丸ノコがあれば簡単に正確にカットができるのだけど、それも無いので昔ながらのノコギリ使用です。
一日目で(夜8時~11時頃まで)表面削りと一本の角材を取り出しました。
ちなみにSPF材3本はホームセンターで正確にカットしていただきました。

二日目に残り3本の角材を切り出しました。(こちらも夜8時過ぎ~11時頃まで)
これと同時進行で昨日作った我が家の階段柵の表面削り(紙やすりで)も行いました。

三日目の昨日はカットした木材を少し組み立てることに。

e0097958_2018442.jpg

まずはホームセンターで90cmにカットしてもらった2×4材と40cmにカットしてもらってた1×4材で枠を作り、その中にカットした角材を設置します。
こんな時は我が家唯一の本格電動工具インパクトドライバーが大活躍です♪

e0097958_202357.jpg

そのあと、組みあがった物の下にコンパネを敷き、下の棚板サイズに合わせてえんぴつで線を引きカットです。
実物に合わせて線を引くので、サイズを測って切るよりもピッタリサイズに切れます。

引き出し(かなり雑・・・^^;)も作り、土曜の作業は終了です。

[PR]

by hachihoo-1 | 2007-02-11 20:55 | DIY