頑張る子

私の働いてるお店には中国人留学生の男の子がアルバイトで働いています。

今日その男の子(仮にA君)と仕事終わりに話をしました。

「正月は中国帰れなかったね。今度帰るの?」
「ウン。カエルヨ。」
「いつ?」
「ライゲツ♪」
「うれしい?楽しみ?」
「ウン!スッゴイ、ウレシイヨ!」
「お母さん好き?」
「ウン!ダイスキダヨ~」

いい笑顔で答えてくれたA君。
中国は人口増加を抑えるため、子供を生むのは一人だけと決められていると聞いたことがあります。
もちろんA君も一人っ子。
大好きな両親と離れて4年間外国で暮らすのは寂しさもあるでしょう・・・。
両親も一人息子を異国へ行かせることに不安もあったでしょう。
A君を見てたら強いな。すごいな。と思います。
たった1.2年で、岡山の方言も全て理解してます。何も分らない国でお友達を作り、学校へ通ってます。そして、恥ずかしがらずに お母さんが大好きと言います。
中国の事に関する質問をすればキラキラした目で答えてくれます。
もしA君のお母さんと私が知り合いならば、お母さんにA君はとても良い子ですと伝えてあげたいくらいです(笑)。

今の日本の男の子でA君のように自分の目標に向かい、頑張ってる人はどれだけいるのでしょう・・・。そして、胸を張って「お母さんの事、大好きだよ!」といえる子はどれだけいるんでしょうかね・・・。

我が息子 わっちん にもAくんのように頑張る男の子になってもらいたいと思った母です。

そうそう、2月は中国の旧正月らしいです。A君が嘆いてました。

「ミンナ、中国カエルカラ ヒコウキダイ タカイヨ~~~。」(愛国心が高い国だからね)

「勉学にバイトに励めよ!」 と岡山の若い母(私)はA君に渇を入れそそくさと家に帰りました。

[PR]

by hachihoo-1 | 2007-01-12 21:36 | 日常