嘘の上塗り

今日の 〔ちびまるこちゃん〕 見ました?
あのまるこ役の子かわいいね。

その中の話でまるこが嘘の上塗りをしてどうしようもなくなった話
(おかあさんがお土産用に買っておいたお菓子をまるこが食べ、
 それを隠すためにおじいちゃんから嘘をついてお金を貰い、
 先生やお巡りさんにも嘘をついてどんどん後に引けなくなるお話。)

これを見たとき息子の話を思い出しました。

昨日ニンテンドーDSの話をしたのですが、本当はあのDSわっちんが貯金箱に貯めてたお金で買ったんです。
お年玉や、おとーちゃんがパチンコで勝った時にくれるお小遣いをね。
去年からずっと「欲しい。欲しい。」と言ってて、
もらったお金は貯金箱に入れていって誕生日の頃(夏)開けて貯まってたらそのお金で買おうと。
目標金額16000円。ソフト代は父母からプレゼントで買ってあげると。

わっちんは素直に貯金箱にお金を入れていきました。
誕生日が待ちきれなくて
「もしかしたら、もう貯まってるかもよ!開けてみる?」
と催促してきましたが、我慢我慢!と言い聞かせてました。

今年の春先のおとーちゃんの誕生日の日、事件は起こりました。
誕生日プレゼントくれーと、年甲斐もなくおとーちゃんが言ってたんですが
それを聞いたわっちんが二階へ上がり何やらゴソゴソ・・・
気にもせずにいたら、暫くたって下りてきました。
「おかーさーん。おとーちゃんに何かあげようと思っておもちゃ箱見たら
 お金が出てきた。」
「!!!!!お金?!!!」

見ると1万3000円が!!!!
(うっそーん♪ラッキー♪・・・・・ん?なんでおもちゃ箱に?)

早速現場検証を・・・

すると息子の言動がオカシイ。

もしやと思い、我が家の1ヶ月予算の入ってるクッキーの空き缶の中を見る。
前日中身を見てたから覚えてる額に間違いは無いはず。
でも、クッキー缶の中身のお金は明らかに少ない・・・。
しかも13000円合わせても足りない。

「なぁ、わっちん正直に言い・・・このお金、本当はどこにあったん?」
シドロモドロなわっちん。母の心の目は確信してた。

コイツは黒だ

もう一度聞く 「このお金、どこにあったん?」
「・・・ここからとった・・・。」
黒だと思っててもやっぱりショックだった。

続けて聞いてみた。
「13000円足しても足らんけど、残りのお金は何処行ったん?」
「貯金箱・・・。」
「DSが早く欲しかったから?」
「うん」

すっごい怒った。でも、いつもの怒りではないことが自分でも分った。
悲しくて、悔しくて、情けなくて。
なんて言って怒ったのか思い出せないけど、泣きながら怒った。
わっちんもいつもの母の怒り方でないのがわかったみたい。
泣きながら、ごめんなさいと言ってた。
そう、ちびまるこちゃんのように・・・。
あ~これを書いてる今も思い出して涙が・・・。

貯金箱を缶きりで空けたら、
不自然に小銭の上に折りたたまれてギューギューに入れられたであろうお札が数枚あった。
それ以上は責めなかった。
もう、これで終わりにしよう。もう、二度としないでねと約束して。

そのあと、家族でわっちんの貯金箱の中身を数えて目標額に近い事を知り、
頑張ってお手伝いしなさいといいました。(結局手伝いなんてしなかったけどね・・・ケッ)

おとーちゃんはクッキー缶の隠し場所を変えろといいましたが、二度としないことを信じて変えてません。勿論、あれからお金が無くなる事もないです。

そういや私も小学生の頃、父の500円貯金箱からたまに兄とお金を拝借してた事がありました。バレるまで小さい脳みそで小細工しながら・・・。結局バレて叱られましたが、あの時の父の気持ちもこうだったのでしょう。悲しかっただろうな・・・お父さん。
勿論その件の事があってか、私はそれ以来ドロボーはしていません。
こうやって、子供は大きくなり成長するのでしょうか・・・。
今は天国にいる父も、たぶんホッと安心している事でしょう・・・ちゃんと私が母をしている事を。
(たぶんね・・・てへっ)

長文になったけど、結論、嘘の上塗りは自分を苦しめるだけ。楽にはならないって事だね。
ありがとう、お父さん、わっちん、ちびまるこちゃん。

[PR]

by hachihoo-1 | 2006-10-31 22:16 | 子供