ふ~たと生まれてくる命

ふ~たは我が家のニューアイドル。
一週間前の日曜日、ペットショップで出会いました。

我が家はボンビー(貧乏)だ。
だからペットショップへはベエさん用品を買いに行ったり、かわいい子犬をただ見たり、里親募集を見たり・・・。
八月の中頃からもう一匹犬を飼いたいな~と思い出し色々ネットで調べたりしてました。でも、べエさんもいるから同型、それ以上の犬はボンビー家族の我が家には餌代などの事を考えると無理です。ネットを色々検索していく内に、いろんな里親サイトに辿り着きました。飼育放棄、捨て犬、虐待・・・様々な理由で帰る家を失ったwan達・・・。
保護を個人でしてる人、団体でしてる人、温かい人達のおかげで生き延びた命。
(そういや、ベエさんも捨て犬だったよな)
助けてあげたい命がいっぱいありました。
今の日本の動物への在り方、色々と勉強する事がありました。
迎え入れる事による条件、環境などの事、べエさんの気持ちの事も新たに考え、結局私は里親になる事を諦める事にしました。

それからしばらくたった先週10月1日。リニューアルオープンしたペットショップの前を通りがかった時、おとーちゃんが何気に「寄るか?もしかしたら出会いが(里親募集)あるかもよ」と言ってくれたのでフゥラ~と家族でペットショップへ・・・。

入り口入ってすぐ、かわいいパピーちゃん達がお出迎えしてくれます。
でも、私の心の中は複雑・・・前、何かの記事で見ました。(ブリーダーの中には悪徳な業者もおり、目も見えない、シャンプーもしてもらえない、伝染病にかかってる・・・そんな母犬から生まれてくる子犬も少なくない)そうです。無茶な繁殖のせいで遺伝性の病気をもって生まれて来る子犬もいるそうで、ここに居る子犬たちがみんなそうとは限らないのに、今まで知らなかった世界を知ったばかりに・・・。
(みんな可愛いね。いい子だね。優しいパパとママに出会えるといいね!頑張って生きてね!)

そんな中、おとーちゃんが一枚の張り紙を見つけました。
(ダックス貰ってください)個人からではなく、そこのペットショップからの張り紙です。

みるっち「どうしてですか?」店員「大きくなってきて置いておけるスペースがないんで・・・」みるっち心の声(十分ありそうですが・・・)みるっち「どのこですか?」店員「ここには居ないんで連れてきますね」
奥から出てきたのは決して愛想がいいとは言えない、美男子とも言えない、どこか寂しそうな目をした周りより少し大きいダックス君。媚を売ってくるわけでもなく、微かに尻尾をピコピコ。そうだ!一年前のベエさんと同じだ!
店員「昨日までは二万円まで値下げして出してたんですがとうとう今日から・・・」
私達の後ろでは小さなダックスを「かわいい~」と言って店員さんに触らせてもらってる夫婦らしきカップル。こちらのダックスに見向きもしない・・・。他のお客さんもショーケースの中の小さな子犬に釘付け。
このままだとどうなるのかな・・・小さくて愛想のいい美顔な子犬はどんどん売れていくでしょう。誰か他の人が見つけてくれる保障はこの状況じゃ期待できない。最悪保健所行きもありうる。

(君はどうなるの?どうしたいの?このまま君を置いて帰ったらどうなっちゃうの?店員さんには怖くて聞けない・・・。無駄な命なんてないんだよね。君はこの世に生まれてくる運命だったんだよね。ウチにおいで。べエさんと同じ目をした君なら大丈夫!仲良くなれるさ。ウチは裕福じゃないけどかーちゃんがんばるよ!ご飯だって心配しなくていいよ。お昼は寂しいかもしれないけど、その分夜いっぱい遊ぼう!だから、ね、心配しないでウチにおいで)

家族の意見も一致した。


店員さんは「どーぞ、どーぞ」トントン拍子に話は進んだ。

もしかしたら、何か病気を持ってるかもしれない。厄介払いをされてるのかもしれない。そんな不安もあった。
でも、もう後戻りはできないし、したくもない。

君の事は一生守りぬくよ。大事な家族だよ。一生・・・

e0097958_2245417.jpg

[PR]

by hachihoo-1 | 2006-10-08 20:05 |